建築設計事務所での修行時代をこえて

dihyou.jpg学生時代の私は、もともと国立沼津工業高等専門学校の機械工学科に在学していました。ある日、建築を志すことを一大決心し、退学届を提出。当時お世話になった教授の温かいご厚意による紹介もあり、愛知県豊田市に位置する、国立豊田工業高等専門学校の建築学科へと転入学し、再スタート。日中は学校での講義を受け、講義が終わると名古屋のアトリエ系建築設計事務所へとアルバイトとして通っている日々もありました。

 

当時は18歳。特にバイクに乗ることが大好きで、暇をみつければ自由気ままに日本の各地をツーリング。そして建築も大好き。有名建築家が設計した建物を雑誌で調べてはツーリング建築探訪していました。在学中もなんとか単位を取得していきながら、それでも好きな建築設計を特に励み、卒業する年には全国各地大学・高専の設計作品集に選ばれることができました。

 

と、学生時代のうかれている時代もつかの間。

 

その年の春より、甘い学生時代から厳しい社会人生活への衝撃的な切り替わりです。同級生のみんなは、比較的に給料が良く・定時制・福利厚生も手厚い大手ゼネコン系や官公庁、グループ企業へと就職。晴れやかな将来に向けてスタート!といった感じです。

 

私は建築が好きだったものですから、アトリエ系建築設計事務所へ就職。

 

当時、建築設計事務所へ就職と言えばまさに「修行の身」。物事すべてが「教えられるより盗め!」といった感じで、とにかく建築でも何でも基本中の基本から始まりました。ましてや、アトリエ系設計事務所なので師弟関係は当たり前。本当によく怒られ・叩かれ・雑草のようになんとか生きてきたのを覚えています。

 

それでも10年間耐え抜きました。(笑)

 

27歳のとき一級建築士を取得。今思えば社会人若年期の大切な時間で「建築の基礎」に漬かることができたと考えています。

住宅専門の建築士としての使命

dihyou1.jpg

建築設計事務所での修行時代後、現場作業での経験を積み、建築設計事務所として会社を設立します。ではなぜ独立したのか?

 

・もっとお客様の身になり設計・企画時点より考案したい

・使いやすく、楽しい暮らしができる家を創りたい

・建築が好きだから

 

当時はそのような動機で独立をしました。

しかし当初は大工職である家業から切り離し、設計事務所としての独立運営はなかなかそう簡単にはいきません。仕事の依頼もすぐにはつながらず、朝早く夕方まで営業活動に明け暮れ、それが終わると建築についての勉強と情報収集といった日々が続きます。当然、開業資金もだんだんと減り続け、当初は結婚もしていましたから食べていくことにも必死でした。

 

そんな中、あるとき1件の新築住宅について電話相談が。。。

「…はいっ!ありがとうございます!喜んでお話を聞かせていただきます!!」

 

ちゃんと受け答えができたかどうか…。電話を終え、まだ決まってもいないのに、妻と一緒に大喜びしたことを今でもはっきりと覚えています。。。(笑)

その後、そのお客様と実際にお会いさせていただき、基本プランの提出を重ね、不慣れなプレゼンを重ね、なんとありがたいことに、そのお問い合せが「独立して初めての家づくり」となりました。そして、大工職人をはじめとする各職方の協力もあり無事に完成することができました。

設計作業や建築現場での進行は、下積み時代の経験もありましたので、特に問題なく進行していきましたが、お客様との打合せなどに関しては、なにぶん緊張し、不慣れなところも多くあり、ずいぶんとご迷惑をかけたところもあったと今思えば反省しています。。。

 

最後にお客様から一言いただきました。

 

「風間さんの誠意で決めさせてもらった。はじめは不慣れな打合せもあったけど、建物の図面を見させていただいて、家業の仕事も見させていただいて、信頼できるところと思った。素晴らしい家を創ってくれてありがとう!!」

 

このとき私は強く確信しました。

「お客様のため、心より感謝してもらえる誠心誠意が込められた家づくりを続けていきたい!!」

 

今でもその気持ち、そのお客様が喜ばれたことを常に心に持ち続けながら、家づくりを行なっています。

お問い合せ・ご相談はこちら

家づくり、資金計画、土地探しについて、お悩みの点やご相談などございましたら、お電話もしくは無料相談フォームよりお気軽にお問い合わせください。

 ・住宅会社選びの段階だけど大丈夫でしょうか…?

 ・ハウスメーカーや他工務店で予算オーバー…相談できます?

 ・家づくりの疑問点や不明な点についていくつか聞きたい…

 ・資金計画、土地探しから協力してもらえるの…?

 ・実際に建てたお家を見学したい… などなど

ぜひ、私ども住宅建築の専門家にお気軽にお問い合せください。「親切丁寧的確」に真心を込めてアドバイスさせていただきます。 

otoiawase1b.jpg
otoiawase2c.jpg
▲このページのトップに戻る