大工職人の紹介

静岡注文住宅工房では経験豊富で技術力が自慢の大工職人がこだわりの家をつくっています。

その大工職人、実は皆さんに「顔がよく似ているね!」といつも言われてまして、、、

 

『そう!親子・兄弟で家づくりを行なっています!!』

 

最大のメリットとしては強い連携体制で家づくりを進められること。息子(兄)の一級建築士が設計・監理・現場監督を行ない、父親と息子(弟)が現場での大工工事を取り仕切ります。普段からものづくりが大好きで、家族特有の団結力で家づくりを行なっています。

 

一見すると甘えられる環境かと思われる方もいるかと思いますが、それは違います

家づくりに関しては、互いに甘えのない、かなり厳しい対関係でいます。

 

時には互いに頑固なまでに現場での打合せを行ない、時には小さな疑問でも妥協なく検討を重ねたり、時には他の職人と一緒になってコミュニケーションの笑いもありと、工事現場で活き活きとしながら作業を行なっています。

大工棟梁 カザマ建築:棟梁 風間芳幸

中学校を卒業し、すぐに大工の世界へ。昼間は大工見習いとして現場での修行を積み、夜は定時制の高等学校へ通いながら大工職人としてスタートしました。厳しい師弟制度のなか多くの経験を積んで独立。その後は自社物件や各工務店などの多種多様な仕事をこなし、大工職人として45年を超える豊富な経験を積んできました。

趣味は旅行や温泉に行くこと。

畑での野菜作りや朝の味噌汁作りなどにも励んでいます。

menu007001c2.jpg

 

大工職人 カザマ建築:代表 風間佑治

沼津工業高等学校建築科を卒業し、高度な技術で知られている大工養成の専門学校:日本建築専門学校に進学。全寮制の学び舎で基礎からはじまり、数奇屋や社寺などの特殊技能をも磨く

卒業後、横浜市の関東圏では特に有名な(株)佐藤工務店に入社。社寺、仏閣、高級住宅、設計事務所の提案する複雑な住宅など多くを手がけ、厳しい師弟制度のなか7年の実績を経て帰省

家業:カザマ建築でさらに経験と技術を磨き、代表として父親の後を継ぐ。

趣味はドライブ、音楽など。一流大工職人と呼ばれるかたわら、以外にもおしゃれに敏感で、東京や横浜などに足を運び、洋服や小物などのショッピングも楽しんでいます。

img002daiku.jpg

お問い合せ・ご相談はこちら

家づくり、資金計画、土地探しについて、お悩みの点やご相談などございましたら、お電話もしくは無料相談フォームよりお気軽にお問い合わせください。

 ・住宅会社選びの段階だけど大丈夫でしょうか…?

 ・ハウスメーカーや他工務店で予算オーバー…相談できます?

 ・家づくりの疑問点や不明な点についていくつか聞きたい…

 ・資金計画、土地探しから協力してもらえるの…?

 ・実際に建てたお家を見学したい… などなど

ぜひ、私ども住宅建築の専門家にお気軽にお問い合せください。「親切丁寧的確」に真心を込めてアドバイスさせていただきます。 

otoiawase1b.jpg
otoiawase2c.jpg
▲このページのトップに戻る